スケジュール帳を楽しく彩るツール

こんにちは、4F ステーショナリー担当のヤマモトです。

秋の雨模様の日は、じめじめした梅雨とは違っておセンチな気持ちになれるのでわりと好きです(もともとは男勝りな性格です^^;)。

お気に入りの傘をさして、散歩がてら自宅から少し遠いカフェに雑誌や小説を持って、のんびり過ごす時間がとってもしあわせです♪

 

さて、先日からブログでお知らせしていますが、来年のスケジュール帳がぞくぞく入荷してきました。

実は早くも人気のものは完売しはじめております…!!

お気に入りのものを見つけたら、早めにお買い上げいただくことをオススメいたします(そんなことを言いながら、絶賛迷い中のわたしです…)。

 

今日は、スケジュール帳を楽しくするツールのご紹介です。

 

まずは、入荷したらすぐ売り切れるほどの人気者から。

手帳用の下敷きです。1枚252yen

奥の3枚がnewで、手前は以前から人気の柄。

ページが筆跡でぼこぼこになってしまうのがイヤな方へ。

くすっと笑えるゆるーいイラストに心癒されるお客さまが続出中です。

 

次は、同じシリーズのシールです。

1袋2シート入り(同柄)252yen

これをペタペタ貼るだけで、とってもキュートなページに早変わり!

スタッフの間でも人気が高く、全柄買い揃えた人も…^^

特にこの二つが人気です。

マス目の罫線にぶら下がったり、日付をかわいくマークできるのが人気のポイントです。

幅広い年代のお客さまがお買い上げ下さっています♪

 

さてさて、スケジュール帳を持ち歩くのにぴったりなケースもオススメです。

こんな感じで↓

ふせんやペンと一緒に入れておくと、ペン先が飛び出してカバンの中が汚れちゃった…なんてことも無くなります。

ケース 263yen

ペン 各137yen

ふせん 399yen

スケジュール帳 735yen

ここには入れてませんが、シールなんかも入れておくと曲がらず保存できますね。

ちなみにわたしはこのケースを通帳ケースとしても愛用しています。

マチが無いのにそこそこ入るので便利ですよ。

 

ケースは他に色違いや素材違いがあります。

奥 各315yen

手前 各263yen(少し色違いが増える予定です)

 

もっといろいろ入れたい方にはこちらがオススメ↓

ケース 各2415yen

洋書みたいな雰囲気がすてきです。布製で、ちょこっとクッション性もあるのです。

中はこんな感じで↓仕切りもいくつかあります(見づらい写真で申し訳ありません…)。

奥のシール 各336yen(わたし、3枚とも買っちゃいました!!シルクハット・メガネ・ヒゲのコラボレーションでスペシャルデーの演出をしております♪♪♪)

スケジュール帳 1260yen

マヨネーズ(修正テープです) 189yen

フランスのボールペン 126yen

 

最後に、今わたしがもっともオススメしているボールペンをご紹介します。

PARKER JOTTER ボールペン 各1260yen

少し色が飛んで見づらくて申し訳ないのですが、左から順に ホワイト/グリーン/ライトブラウン/ブラック/ブルー/レッド の、全6色です。

中でもホワイトとグリーンがとっても人気!!

かくいうわたしも、ホワイトを先日買いました。

おしゃれなメーカーのバイヤーさんの胸ポケットにささっているのも何回か発見したことがあります★

 

以前、愛用しているボールペンのお話をさせていただいた回で、PARKERのIMスペシャルエディションのボールペンを自宅で家計簿をつける時に愛用していることをお話ししましたが、こちらのJOTTERはIMシリーズと同じリフィルなのに書き味が全く違うのです!!

ややずっしりした書き味のIMに比べると、かなりスラスラかるーく書ける印象です。

お値段もIMは2100yen~なのに比べてJOTTERは1260yenとリーズナブルなのも見逃せません♪

サイズは少し短めで、スケジュール帳の相棒にぴったり!オススメです。

 

さて、いろいろとご紹介しましたが、他にもオススメしたい商品がまだまだたっくさんあります。

ぜひぜひ店頭でご覧ください。

4Fにてお待ちしております♪

Tags: , , , ,

Read Comments

文具好きスタッフの愛用ペン

こんにちは。

4F 文具担当のヤマモトです。

 

今朝、出勤する時に今年初めて蝉の鳴き声を聞きました!

ちかごろ季節感がなくなってきつつありますが、夏気分が高まりました。

(ここ2年ほど買おうか迷っているカゴバッグを買う決心がつきました★)

 

さて、今日のblogでは、ちっちゃい頃からペンの収集癖のあるわたしが愛用している文具をご紹介します。

 

まずは、これ。

CARAN ‘d ACHE 849コレクションのボールペンです。

わたしが愛用しているこの柄は、去年の限定のものなので今はもうありませんが、同じモデルの定番は取り扱っています。

 

(スイスフラッグのみ2940yen。他は2625yenです)

 

わたしは手があまり大きくないのですが、こちらは一般的なペンに比べるとややショートなサイズ。

ノックする時にボタンまでの移動距離が少なくてすむのです。これ、意外とストレスも少なくてすみますよ。

愛用し始めてそろそろ一年がたちますが、かすれたりすることもなくてリフィルがとっても長持ちです。

調べてみたところ、何と10kmも書けちゃうんだとか!

あまりにもたくさん書けるので、とっても珍しいことにリフィルに名前がついています。その名もゴリアット。

強そうな名前ですが、それもそのはず巨人という意味です(たくさん書けることに由来しているそうです)。

 

海外ブランドにしては珍しく、セットされているリフィルは細字です。

(漢字を使用しない国では、太字のほうが字を美しく伸びやかに見せるため、細字は敬遠されがちです)

書き味はとってもなめらかで、筆圧もそんなにいらないからか、長時間使っていてもあんまり疲れません。

気に入りすぎて、友人や家族にプレゼントすることも多いです。

 

 

さてさて、もう一本ご紹介。

こちらは、LAMYのSafariというシリーズの今年限定カラーのもの。

(3990yen まだ少しですが在庫があります)

万年筆。

少し手がかかるペンですね。

ずっと欲しいと思っていたのですが、手入れやメンテナンスが必要なのが煩わしいんじゃないかと我慢していたのです…

が、この限定カラーにやられちゃいました!

2日もんもんと悩んで、結局買ってしまったんですが、結果は「大満足」です♪

案外気を遣わなくても平気だということがわかりましたし、なにより前のわたしのような、「欲しいけど選び方とかメンテナンスとかどうしていいかわからない」方に、ちょっとだけアドバイスできるようにもなりました。

もし、何かお困りのことがあれば、ぜひお気軽にお声掛けください!

ちなみに、ちょっとした案内のようなものも作りまして、Safariの前にフリーペーパーとして置いていますので、ぜひぜひお持ち帰りください!

 

さて、Safariのお話に戻りますが。

ペン先をF(細字)とEF(極細)でどちらにしようか、こちらも悩みましたが、わたしは小さくて細かい字をたくさん書くタイプなので、極細にしました。

この万年筆の魅力は、なんといってもやっぱりこのパキっとしたビタミンカラー。

目に入る度に、元気をもらっている気分です。緑だし目にも優しいに違いありません★

万年筆の特性上、筆圧はほとんどと言って過言でないくらい不要ですので、こちらも長時間使っていても疲れ知らず!

あと、意外な効果がありました…それは、字がきれいに書けちゃうこと。

意識しているわけではないのですが、ボールペンやシャープペンなど他のペンでの字に比べて、断然きれいです。

普段めったに手紙やはがきを書きませんが、今年は暑中見舞いを久々に出したくなりました(現金なものです…)。

万年筆 3990yen

ボールペン/シャープペン 2625yen

 

 

あと、こちらは、自宅で家計簿をつけたり、買い物リストを作るときに愛用している一本。

PARKERのIM スペシャルエディションのボールペンです。

これも見た目にやられちゃったんですが、写真ではなかなか伝わりにくい色目なので、ぜひ店頭でご覧頂きたいです!

すごく細かなパールカラーなんですが、手に取るととーっても華やかになるんですよ。

他にはない珍しいカラーリングも魅力の一つだと思います。

2100yen

このIMシリーズは、個人的に、見た目のシンプルさや少し大きめのサイズから、手が大きめの人や男性にオススメのペンとしてご提案してきたのですが、このスペシャルエディションは働く女性の手元を彩る、いわばアクセサリーの様なペンとして、女性に今一番オススメしたい一本です。

書き味は若干重めで、先にご紹介した2本よりは、やや筆圧も強めに書く必要があります。

でも、このどっしり感が、「書いてる」って実感があって、心地いいです。

 

ここ最近は、パソコンや携帯電話の普及で「書く」ことがめっきり減ってきていますが、その分「書く」ってスペシャルなことだとわたしは思うのです。

ぜひ、お気に入りの一本を見つけて、特別なひとときを楽しんでください。

4Fでお待ちしております。

Tags: , ,

Read Comments